VIEW COUNT 1299

Gibson J-45 (1955)

SOLDOUT

CONDITION:
VG+++
TOP:
Sitka Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Rosewood
BRIDGE:
Rosewood
NUT WIDTH:
42.8mm
BRACING:
Original Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original Tortoise
SCALE:
631mm
BINDING:
white
TUNER:
Kluson 3 per side
CASE:
Chip Board Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

Gibsonアコースティックの王道モデルJ-45で、人気の高い50年代ラージガードが入荷!

1942年の登場以降、細かな仕様変更がありそれぞれにファンも多いJ-45ですが、ラージガードとなった以降で20フレットの指板、まだアジャスタブルブリッジではない今回入荷の1955年製などは、結構人気も高い仕様の時期かと思います。

まだアンティークな風合いを保つ深い風合いのサンバーストカラーにダークな色合いのラージガード、やや激しめで細かく入ったこの時期のヴィンテージらしいウェザーチェック、そして適度に入った弾き傷などから、なかなか壮絶で渋いルックスとなっております。

黒いヘッドトップにシルクスクリーンのGibsonモダンロゴ、そして白い丸ツマミの3連ペグがいかにもJ-45らしいスペックで、ややダークで赤黒いローズウッドの指板にはさり気無くエキゾティックな木目が流れ、こちらも良い雰囲気となっており、ネックのグリップ感もやや肉厚で丸みを帯びたUシェイプで非常に握り易く、この時期は太過ぎず細過ぎず絶妙な握り心地のマホガニーネックです。

ボディのトップセンターにクラック修理はあり、弾き傷やウェザーチェックは多めですが、変な弾き癖で付くような塗装剥げなどではなく、順当に弾き込んで時代を経た状態となっておりますので、ヴィンテージ好きの方には好まれるルックスとなっているかと思います。

このように適度に弾き込まれたからか程良く乾いて抜けの良いサウンドを持っており、ピッキングの細かな強弱にも柔軟に追従する反応の良さも特筆です。ギブソンらしい中域の暖かさやコシの強さをも持ち、ジャカジャカとストロークするだけでも楽しめるギターです。

全体的に経年変化を感じさせる状態ではありますが、トップセンターのクラック修理以外は結構オリジナル状態が残っており、細かな所ではペグの白ツマミ部分やブリッジピンが交換されております。

ネック周りや弦高調整等のセットアップをおこなっておりますので演奏性には問題なく、オリジナルの風合いを残しつつ程良く弾き込まれたヴィンテージをお探しの方におすすめです!