VIEW COUNT 1008

Tree House Guitars OMZ Cutaway (2024)

¥1,320,000. (税抜¥1,200,000.)

CONDITION:
NEW
TOP:
German Spruce
SIDE   BACK:
Indian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Rocklite
NUT WIDTH:
44.5mm
BRACING:
Original Bracing
PICKGUARD:
Clear
SCALE:
645mm
BINDING:
Rocklite
TUNER:
GOTOH 510 Black
CASE:
Original Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

注目の新しいルシアー”ザック・ラフェイブ”氏が製作するツリーハウス・ギターズ!!
当店のショップオーダーで製作したカスタムギターが完成!!日本初入荷のOMモデルが届きました!!

厳選された木材を使い、フローレンタインカッタウェイ仕様のエレガントなOMモデル。
シンプルなデザインの中にも、木工技術の高さ、デザインセンスの良さがうかがえる魅力的なギターに仕上がっています。

ザック・ラフェイブ氏は2012年に、カナダのマスタールシアー”サーゲー・ディヤング氏のギター製作コースを取り、ギター製作の道に入りました。その後、カナダのオンタリオに工房を構え、ツリーハウス・ギターズを立ち上げました。

サーゲー・ディヤング氏の門下のルシアー同様に、デザインやディテールのいくつかはサーゲー・ディヤングの影響を受けていますが、ザック氏のギターは、アコースティック・ギターの構造工学と音響工学の原理を駆使し、より現代的に進化した独自のギターに仕上がっています。
2023年の秋に開催されたウッドストック・ギターショウに出展した際も、非常に人気が高く、目の肥えたギターマニアからの注目を浴びていました。

トップ材はジャーマン・スプルース。プレーンな柾目材で、繊維の細かい質の高い木材が使われています。
色白のトップに印象的なロゼッタは、エボニーとコッパー(銅)が使われており、木とメタルのコントラストが大変魅力的なロゼッタに仕上がっています。
ブリッジはエボニーと間違えるほどの質感の、ロックライトというシンセティックな材料で作られています。エボニーよりも軽量で、トップのブリッジエリアをより振動させるのに有効な素材が使われています。ボディバインディングにもこのロックライトが使われており、シックで、落ち着いた上品なルックスに仕上がっています。

サイドバックは厳選された最上質のインディアン・ローズウッドが使われています。
バックのセンターとボディエンド、ヘッド部分にもコッパーを使った美しいインレイ装飾が入っています。
ボディはバンクーバ・フィニッシュと呼ばれるUVフィニッシュで仕上げられています。

ネック材はアフリカン・マホガニーにエボニー指板。フレットはEVO Goldが使われています。
ネックはオイルフィニッシュで仕上げられており、非常に滑らかな弾き心地で、使っていくにつれ、よりいい感じに馴染んできます。
ナット幅44.5mm、ブリッジ上の弦間57mm。少し薄めのUシェイプネックで、ハイポジションまで厚みが変わらず、非常に弾きやすいネック。製作家のプレイアビリティに対する拘りが感じられます。

ブレーシングは独特の構造のパターンが使われており、特にブリッジ・エリアのブレーシングは、サウンドのポテンシャルを最大限に引き出すように独自のブレーシング構造になっています。ギターの構造工学と音響工学の研究をもとに考案されたこのブレーシング構造にはザック氏の強いこだわりが感じられます。

サウンドは非常に鮮明で、重くなりすぎず、しっかりと音に芯がある低音、バランスの良い中域、クリアーでブライトな高音がうまくミックスされており、オープンで、スムーズな反応。弾きづらさを感じるような音の硬さは一切なく、非常に深みのある芳醇なサウンドです。
サスティーンが豊かで、美しい残響音も素晴らしい。ダイナミックレンジが広く、どんなタッチにも忠実に反応してくれる懐の深さがあり、音のニュアンスがつけやすく、表現力豊かに鳴ってくれるので、プレイヤーとしては弾いていて最高に楽しいギターだと思います。

ツリーハウス・ギターはこのOMモデルの他に0000サイズやパーラーサイズ、Fホールタイプのギターもあり、現在は年間に7本くらいのペースで製作されています。
当店にてカスタムオーダーも可能です。

ギター・デザインの伝統的な側面を尊重しながらも、より現代的で進化し続ける素晴らしいルシアーです。是非、ご検討ください。