VIEW COUNT 761

Martin D-41 (1972)

SOLDOUT

CONDITION:
EX
TOP:
German Spruce
SIDE   BACK:
Indian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
43mm
BRACING:
Non Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Black
SCALE:
645mm
BINDING:
White
TUNER:
Original Grover
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

人気の高い70年代前半のD-41が入荷しました。
抜群にサウンドの良い個体です!!

トップは、杢目の詰まったジャーマンスプルース。経年変化により茶色く色ヤケしし、塗装の細かいチェッキングの入った貫禄のあるルックスで、ロゼッタやトップ外周の、ソリッドのアバロンインレイが、とても鮮やかに映えます。
サイドバックのインディアンローズウッドも70年代らしい明るく焼けたローズウッドで、とても魅力的なルックスです。
ネックは、ホンジュラスマホガニー。SQ時代の、やや肉厚の、握りやすいUシェイプです。

ヘッドも雰囲気良く、ローズウッドのヘッドプレートに、手作り感のある、縦ロゴのMARTINが、鮮やかに輝きます。
マッド仕上げのヘッドプレートがD-41ならではの表情です。
指板のヘキサゴンインレイも素晴らしく、ソリッドのアバロンが、色とりどりに美しく輝きます。
全体に、美しい材が組み合わされ、アバロンインレイの存在感もあり、魅力的なヴィンテージD-41です。

チューナーは、パテントナンバーの入ったオリジナルグローバーゴールドで、動作もスムーズです。
ピックガード、ナット、フレット、サドル、が交換されています。

トップにセッターシームクラックの修理痕、バックにバックルウェアーキズがあります。
ボディは全体的に薄くオーバーコートされていますが、かなり以前にされたらしく、トップに細かいチェッキングが入っており、使い込まれたヴィンテージらしい雰囲気があります。オーバーコートのサウンドへの影響はほとんど感じられません。

ネックヒールにストラップピンが後付けされており、ヒールキャップにもピンを付けた痕があります。
入荷してから当店でフレット交換、サドル交換の調整済み。弦高は12Fの6弦で2,5mm、1弦で2mmと弾きやすい高さにセットしており、ネックコンディションも良好です。
オリジナルのノンスキャロップブレーシンング、ローズウッドブリッジプレート仕様。

弾き込まれているだけあって、ボディの鳴りが抜群に良く、ヴィンテージらしい乾いたサウンドがストレスなしに前に抜けてくれます。
パンチがあって、粒が細かく、明るくブライトな倍音が隙間なく響きます。
ソリッドな倍音感が心地よく、ストロークでの爽快感、芯のしっかりとした基音に、クリスタルな倍音が重なり、美しくエッジの効いたサウンドが広がります。弱いタッチで弾いても素晴らしい反応で、豊かに響きます。

ボディ鳴りの良さは70年代D-41の中でもトップクラスに入ると思います。
鳴りの良いヴィンテージをお探しの方にはぜひ、お試しいただきたいギターです!!