VIEW COUNT 2348

Martin D-18 (1952)

SOLDOUT

CONDITION:
VG+++
TOP:
Sitka Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
42mm
BRACING:
Original Non-Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original Tortoise
SCALE:
645mm
BINDING:
Tortoise
TUNER:
KLUSON
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

抜群にサウンドの良い52年製D-18が入荷しました!!
経年の弾きキズ、打痕、全体に使い込まれた歴史を感じさせる魅力的なルックスです。

トップは香ばしく焼けたシトカスプルース。サイドバック&ネックは密度の濃い美しいマホガニーが使われています。
ヘッドプレート、指板&ブリッジは杢目の素晴らしいハカランダです。
50年代のスマートなヘッド形状に丸いつまみのクルーソンペグ、黄金のマーチンロゴの雰囲気が抜群です。
ダークな色合いのトートイスのピックガード、ボディバインディングがトートイスなのも味があります。

サウンドホール、ピックガード付近にピックウエアー、ビックガードとブリッジの間のマーチンクラック、ブリッジ下のセンター左側にクラックの修理痕、バックの右下あたりにも2本クラックの修理痕があります。ボディ底部分にもクラックの修理痕、その他、バックのバックルウェアーキズ等かなり使用感はありますが、オリジナルフィニッシュで、ペグやピックガードなどオリジナルパーツが残っており、とてもヴィンテージらしい雰囲気のあるギターです。
ネックヒール部分にはストラップピンが後付けされています。

ナット幅42mm。弦高は12Fの6弦で2.3mm、1弦で1.8mmと低めにセットされており、ネック角度も適正、サドルの高さも残っています。
プレイアビリティが素晴らしく、この演奏性、弾き心地の良さはヴィンテージにしか味わえないと思います。

演奏性の高さに加えて、何といっても70年以上使い込まれてきたヴィンテージサウンドが最大の魅力です。
音抜けの良さ、50年代マホガニーらしい剛直でブライトなサウンドキャラクター!! 乾いたトーンに単音のふくよかさも絶品で、荒々しいストロークでの爽快感も気持よいです。音の立ち上がりが早く、軽くつま弾くだけでもストレスなしに音が抜けて、残響音が心地よい!!
低音はプリウォー期のような音の太さ、倍音感ではなく、輪郭のハッキリした音の太さと奥行き感があり、ボディ全体が振動している感じが弾いていて伝わってきます。
これぞシトカスプルース期のマホガニーサウンドと言える魅力的なギターですので、プレイヤー思考の方にはきっと満足していただけると思います。
良質なヴィンテージマホガニーギターの魅力を堪能出来るおすすめの一本です!!
ぜひ御試し下さい!!!!