VIEW COUNT 480

Koaloha KTNP-00 Naupaka Tenor (2015)

SOLDOUT

CONDITION:
MINT
TOP:
Hawaiian Koa & Mango
SIDE   BACK:
Hawaiian Koa & Mango
FINGER BOARD:
Rosewood
BRIDGE:
Rosewood
NUT WIDTH:
38mm
BRACING:
PICKGUARD:
SCALE:
43.5mm
BINDING:
TUNER:
Original
CASE:
Gigbag
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com

営業時間(月曜定休)
11:00~19:00

NO VIDEO

ハワイを代表するウクレレメーカーのコアロハ。
コアロハウクレレの創始者、アルビン・オカミ氏(パパコアロハ)を筆頭に家族で運営している工房で作られているウクレレです。

ナウパカ・シリーズ”のテナーモデル
KTNP-00 Naupaka Tenor が入荷しました。

ユニークなスペックで、
トップ、サイド、バックの材を、ハワイアンコアと、マンゴーで、互い違いに組んであります。

ハワイアンコアとマンゴー半分ずつのボディは、
ハワイに生息する、ナウパカという花の伝説が、由来になっているそうです。

ナウパカは、花弁が、下側半分しか咲かず、中央にふわっとめしべがあり、
いわば、上半分の花びらを、ちぎり取ってしまったような姿の可憐な白い花です。

ナウパカの伝説を調べると、

火の神ペレが、あるとき若者に恋をした。しかし、好きになったこの若者には、ちゃんと彼女がいた。
そのことを知ったペレは、嫉妬し怒り狂う。
火の神の怒りを避けるために、若者は海へ、恋人の女性は山に逃げ、
二人は遠く引き裂かれることになってしまった。

やがて二人が逃げた海と山のそれぞれに小さな白い花が咲いた。
若者が逃げた海に咲いた花はビーチ・ナウパカ、恋人の彼女が逃げた山に咲いた花はマウンテン・ナウパカ。
それぞれの花はペレによって引き裂かれたように、今でも半分の花を咲かすことしかできず、
この二つのナウパカの花を合わせると、二人の魂に導かれ、恋人達はきっと結ばれる。
というお話が伝わっているとのこと。

特徴的なヘッド形状のマホガニーネック。ローズウッドの指板&ブリッジ。
ポジションマークのアバロンが鮮やかに輝き、サウンドホールの形状の印象的です。

ほとんど使用感のない美品。
ボリューム感もあって、とても華やかなトーンが楽しいです。
ギグバックが付属しています。

珍しいスペックの、テナーモデルです。ぜひ、この機会にお試しください。