VIEW COUNT 604

Gibson Southern Jumbo (1946)

SOLDOUT

CONDITION:
EX+++
TOP:
Sitka Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
42.7mm
BRACING:
Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
632mm
BINDING:
White
TUNER:
KLUSON
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

ルックスもサウンドも貫禄のある1946年製!!
戦中のバナーがなくなり、筆記体のスクリプトロゴだけのヘッドが特徴的なサザンジャンボです!!
オリジナル塗装の質感も素晴らしく、ヴィンテージならではのサンバーストカラーが独特の雰囲気を持っていて、長い時間を経て、丁寧に使われてきた、オススメのヴィンテージです。

トップは美しいシトカスプルース。
上位機種ということもあり、J-45よりグレードの良い材を使っています。
塗装が綺麗に残ったサンバーストの顔がよく、色焼けしたクリーム色の高級感のあるロゼッタ&バィンディングがキリッと映えます。

スモールピックガードは、トップに密着し、レトロなべっこう柄も雰囲気抜群です。
塗装されたオリジナルボトムベリーブリッジには、杢目の特徴的なブラジリアンローズウッドが使われています!
サドルはロングサドルの仕様です。
サイドバックやネックは、密度が濃く、杢目の美しい、ホンジュラスマホガニーです。
バック材は贅沢なワンピース仕様になっています。

太い筆記体の、プリウォー・スクリプトロゴだけの特徴的なヘッドは、塗装の光沢感があり、ヴィンテージならではの色気を感じます。クリーム色に褪色したつまみの独立型のチューナーも、非常に味わい深いパーツです。
ポジションマークはパラレログラムインレイで、Gibsonの上位機種のみ採用される仕様です。
トラスロッドの入ったネック。
指板のブラジリアンローズウッドも美しく、非常に綺麗なルックスのサザンジャンボです!!

トップ全体に年季を感じる塗装のチェッキング、バックにヘアーラインクラックの修理痕が有りますが、この年代のサザンジャンボとしては抜群にコンディションの良いギターです。オリジナル塗装の光沢もそのまま残っています。

ネックコンディションも素晴らしく、弦高も12Fの6弦で2.6mm、1弦で2.1mmと弾きやすい高さにセットされています。
どのポジションでも滑らかな弾き心地です。
ナット幅44.5mm。
しっかりとしたかまぼこネックで、厚いグリップ感、しっとりと手になじむ太いUシェイプですが、バンナー期のJ-45のような極太ネックではなく、日本人の手にも合った太さのものです。

ボディ鳴りは素晴らしいの一言!!
40年代のサザンジャンボらしい、ウッディで、ラウドな鳴り!!
ボディの反応がとても良く、木が震えて音が出てくる感覚が心地よいです。
ストレートに前に出る、パワフルな鳴り方で、甘くウッディな出音は、シンプルなストロークに音色の味を加え、絵になるサウンドです。持ったときの独特のフィーリングといい、ヴィンテージギターを持つ魅力にあふれたギターだと思います!!

軽いタッチでも音量が大きく、これだけ鳴ってくれるので、フィンガーで軽く爪弾いた時のサウンドも絶品です。
J-45よりも倍音が多く、芯のあるサウンドはJ-45の上位機種として相応しいトーンだと思います。
ルックス、サウンド、コンディションどれをとってもなかなか出て来ないレベルのサザンジャンボです!!
お早めに!!