VIEW COUNT 758

Martin 2-17 (1926)

SOLDOUT

CONDITION:
VG++
TOP:
Mahogany
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
44.5mmmm
BRACING:
Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
SCALE:
622mmmm
BINDING:
Brazilian Rosewood
TUNER:
Original
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

人気のあるスモールギターの2-17!

1922年に発表されたこのモデルは、スティール弦用にブレイシングされたマーチン初の”スパニッシュ・スタイル”ギター。
初年度に344本、1923年に800本近くを売り上げた当時のベストセラーモデルでした。
(1922年から1938年までの16年間に7000本以上が生産され、その間に販売されたマーチンギターの13%近くを占めていました。)
2-17を使用した最も有名なミュージシャンはジミーロジャース!有名な000-45を手に入れる前は2-17を愛用していました。
高価なギターではなかったのですが、多くのギタリストが小さめのボティは弾き心地が良く、サイズに反して音量があるのが印象的だったようです。

今回入荷したこのギターは1926年製。
TOPはマホガニー。美しいマホガニーで、縦に伸びる杢目があり、少し縞模様です。
S/Bもマホガニーで、こちらも同じようにすっきりと綺麗な杢目です。
丸い穴のスロテッドヘッドにオリジナルのペグ。動作も大変良好です。
ヘッドの裏にはマーチンのスタンプが入り、ヴィンテージらしい外観です。
指板、ブリッジはブラジリアンローズウッド。指板の白いスモールドットは愛嬌があり、レトロなルックスです。
ブリッジは真っ直ぐなタイプのレクタンギュラーブリッジ。この形も古いマーチンの特徴と言えます。
メイプルとブラジリアンローズウッドのシンプルなロゼッタ。
ボディのバインディングもブラジリアンローズウッドで、今となっては贅沢なスペックです。
指板はオリジナル。本来はバーフレットですが、Tフレットに交換されています。
Tフレットですので、ポジションの移動もスムーズ、弦高も低くセットされているので非常に弾きやすいと思います。

かなり弾き込まれてきたギターで、サウンドホール下、左右にピックウェアーが多数あります。
バック左下にクラックの修理痕があるほか、ボディ全体に細かなチェッキングがあり、塗装はかなり劣化しています。
ネックウラの塗装も大部分が無くなっていますが、使い込まれたことで塗装が薄くなり、木肌に近く、柔らかく手に馴染む絶妙の弾き心地感があります。

何よりサウンドが素晴らしいギターで、軽いギター特有のレスポンスの良さ、軽快なサウンド。
枯れきったヴィンテージサウンドで、このサイズのモデルとしては驚くほどの音量があります。
音の伸びも綺麗ですし、弦を強く弾いた時の独特なニュアンスもあり、マホガニーのスモールギターとして最高の音だと思います。
一度触ればすぐにこのギターの虜になることでしょう。
ルックス、サウンド共にオススメのヴィンテージギターです!