VIEW COUNT 1994

Ervin Somogyi Dreadnought Cutaway 8 Strings (1981)

¥2,200,000. (税抜¥2,000,000.)

CONDITION:
EX+++
TOP:
Cedar
SIDE   BACK:
Indian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Rosewood
NUT WIDTH:
46.4mm
BRACING:
Original X-Bracing
PICKGUARD:
Clear
SCALE:
645mm
BINDING:
Brazilian Rosewood
TUNER:
Original Schaller
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

巨匠Ervin Somogyiのドレッドノートカッタウェイの1981年製!しかもレアな8弦仕様!
1970年代後半からスチール弦のアコースティックギターの製作を始めており、このギターのシリアルナンバーは63番とかなり初期のギターです。
現在でもギターを製作していますが、オーダーはストップとなっており、実質新品の入手が不可能な状態です。
今まで数多くの弟子を育て、世界中にソモジファミリーとして弟子がいる最も有名で人気のあるルシアーの一人です。
現在ではModified Dとして知られているモデルの前身となるドレッドノートですが、既にこの時からデザインはほぼ完成されており、ただならぬ風格があります。

TOPはシダー。スプルースとは少し違う色の焼け方と杢目で、スプルースに比べて柔らかく、落ち着きがあるトーンが特徴です。

S/Bはインディアンローズウッド。こちらは素晴らしい杢目、質感の材が使われています。

頂点の尖ったお馴染みのヘッドにはメイプルの突き板。ヘッドのシェイプは今とは少し異なっています。
8弦ということで、ペグは4:4の配列にしてあり、3弦のペグが6弦側になる珍しい仕様となっています。
チューナーはオリジナルのシャーラー。動作はとても良好です。

指板はエボニー。近年の物とは少しパターンが違いますが、ポジションマークはファンシースノーフレークインレイ。
また、指板にはメイプルのバインディングが巻かれています。

ブリッジはブラジリアンローズウッド。こちらも近年の物と少し違いますが、この時からこのような形でオリジナルシェイプのブリッジが使われています。

サウンドホール周りにはクラシックギタースタイルの寄木細工のロゼッタ。そしてクリアのピックガードが貼ってあります。
ボディトップの外周にはローズウッドとメイプルのパーフリング。
ボディの太いバインディングにはS/Bと同じブラジリアンローズウッドが使われています。

このギターは2013年に弟子のHiro Ebata氏によってリフィニッシュされており、とても綺麗な外観です。
ボディーの内部にはリフィニッシュした証明として江幡氏のラベルが貼られています。
TOPの左下に軽度のクラック修正がありますが、リフィニッシュされているので、ほとんど分からないと思います。
オリジナルのピックアップとして当時のフラップのアクティブタイプの物が搭載されています。

低音の出方や全体的なトーンは既にこの頃から特徴的で、2000年代に入ってからの物よりもっと自然でふっくらとしたサウンドです。
トップがシダーということもあり、少し軽やかなレスポンスで、スプルースより落ち着いたトーン。
1,2弦が複弦ということで音の感じ方に違和感を感じてしまうかも知れませんが、純粋なギターの音としては素晴らしいと思います。
リフィニッシュとは言え、それを全く感じさせない時間の経ったギターらしい音の抜け方で、弾いていて全くストレスがありません。
珍しい8弦ギターとして新しい事にチャレンジするのも良いと思いますし、通常の6弦ギターとして弾くことも可能です(店頭では6弦で弾くことを想定してセットアップしています。ナットの溝は切ってありますので、8弦としても使用可能です)

この頃はまだソモジ氏本人が1人で全ての作業をしており、とても貴重なヴィンテージソモジです。
ソモジの中古品は年々価格が上がっています。今後このプライスでの入手は不可能だと思います。是非この機会にご検討下さい。