VIEW COUNT 8199

Martin 000-18 (1942)

SOLDOUT

CONDITION:
EX+
TOP:
Adirondack Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
42.8mm
BRACING:
Original Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
632mm
BINDING:
Tortoise
TUNER:
Original KLUSON
CASE:
Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-6273-7585
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

貴重な1942年製の000-18!近年、この時期のエボニーロッドの個体も見かける機会が少なくなってきました。
この年に製作された000-18は225本。43年が400本、44年が375本となり、この42年は個体数が少ないです。

TOPはアディロンダックスプルース。18スタイルですが、杢目が細かく、綺麗な材です。
色の焼け具合も絶妙で、とても雰囲気の良いルックスだと思います。

S/Bはマホガニー。プレーンな杢目ですが、きめ細かく、とても綺麗なマホガニーです。
粘りがありながらも抜けの良い音が人気の材で、ブラジリアンローズウッドと並んで古くから使われている素晴らしいトーンウッドだと思います。

ヘッドには綺麗なブラジリアンローズウッドの突き板。Martinのデカールロゴはとても綺麗な状態で残っています。
チューナーはオリジナルのクルーソンチューナー。
この時期のチューナーはプレートにラインがある物とない物があり、こちらはラインの入っているタイプです。
このオリジナルの黒つまみが付いているのもとても雰囲気が良いです。

指板、ブリッジはブラジリアンローズウッド。どちらもチョコレートカラーの綺麗な柾目の材です。
ポジションマークは15Fまで入るドットインレイで、ブリッジのサドルはロングサドルの仕様です。

スタイル18のロゼッタにオリジナルの鼈甲柄のピックガード。
この時期のピックガードの色合いは本当に絶妙で、素晴らしい雰囲気だと思います。

ボディのバインディングはトートイスの仕様で、ボディバックのセンターはブラジリアンローズウッドのラインが入っています。

チューナー、ピックガード、ブリッジ、ブリッジピン(1-4弦)はオリジナル。
ナット、フレット、サドル、ブリッジピン(5,6弦)、エンドピン、ネックヒールキャップが交換されています。

かなり弾き込まれてきた個体のようで、TOPとネックの塗装が剥がれたところは部分的にタッチアップされていますが、その他はオリジナルフィニッシュです。
傷は多いですが、ノークラックの個体で、今までしっかり弾かれて、しっかり大切にされてきた個体のようです。

ナット幅42.8mm。ネックはVシェイプで、厚みはそこまでありませんので、握りやすいかと思います。
この年から再び採用されるエボニーロッドの仕様で、持った瞬間このギターの軽さには驚くと思います。

エボニーロッドらしいカラッとしたサウンドで、他の年代では味わえない絶妙なトーンだと思います。
000らしいバランスの良さはもちろん、ヴィンテージらしい軽やかな出音ながら深いサウンドはさすがだと思います。
各弦の音の粒立ちもしっかりと整っていますし、エボニーロッド特有のレスポンスの良さは弾いていてとても気持ち良いです。
Tバーロッドとは異なるサウンドで、エボニーロッド特有のサウンドの良さは一度知ると手放せなくなるような奥が深いトーンだと思います。

傷や塗装のタッチアップはありますが、最低限の手の入れ方で、良いヴィンテージギターだと思います。
この年代の物を見る機会も少なくなり、貴重な楽器だと思います。

是非この機会にご検討下さい。オススメの000-18です!