FINE ACOUSTIC GUITAR SHOP Blue-G ACOUSTIC GUITARS HERE!!5F OPEN TUE - SAT 11:00 - 8:00 SUN ・ HOLIDAY 11:00 - 7:00 CLOSE : MONDAY TEL 03-5283-7240
Shop Information

Blue-G Corporation

ブルージーコーポレーション

東京都千代田区神田小川町3-1須田ビル501号

TEL:03-5283-7240 平日:AM11:00~PM8:00 日祝日:AM11:00~PM7:00【定休日】月曜日 blue-g@blue-g.com
All Instruments Martin Gibson Luthier's Guitars Other Brands Other Instruments Case & Accessory

Ryan Gerber (ライアン・ガーバー)
オハイオ州に工房を構え、美しいデザインと演奏性に富んだハンドメイドのギターを、年に10〜12本ぐらいのペースで製作しています。


ギタールシアーという仕事は、生涯にわたって学びの連続、その長い旅路を歩めることに、とても感謝しています。
現在、世界中に、たくさんのギターメーカーや信じられないほど才能あふれるギター製作家が数多く存在し、それぞれが独特の創造性と、オリジナルの声を持ったギターを製作しています。
ハンドメイドギターの世界で、自分なりのユニークな工夫、特別なスピリットを加えること、それを追求することが、私の謙虚な思い、率直な願いです。

と語る、ライアン・ガーバーさんにインタビューしました。
(以降、Q&A)

工房をオープンしてフルタイムで製作を始めたのはいつですか?

今(2017年)私は38歳ですが、2013年からフルタイムでギター製作をしています。

どうやってギター製作を学んだのですか?

2009年からギター製作の勉強を始めました。ギターは、その10年前ぐらいからプレーしていて、アコースティックギターに魅力を感じていたんです。私は幼いころからものを作るのが好きで、父はオートバイの修理工場をやっていて、祖父は大工でした。だから物づくりの血が流れているんですよね。子供のころは父の工場で父が壊れたエンジンに新しい命を入れたり、難しいリペアをこなすのを見ていました。そして青年になるころには祖父の工房で家具などを作るのを見ていました。
私のギター製作は独学です。アーヴィン・ソモジ氏の本や、ネットに載っているインフォメーションを参考にして勉強しました。
一番大切なのは、問題に突き当たったとき、それを創造的に解決していき、それをもとに自分のスキルを高めていくということです。
私はギター製作の全てをエンジョイしています。クラフトマンシップ、理論や音響工学、アート、それぞれのギターのサウンドのミステリー、どれをとっても興味深く、生涯かけて追及しても時間が足らないくらいですね。

影響を受けたルシアーやヴィンテージギターなどありますか?

製作のテクニックに関しては、ヴィンテージギターよりも、近年のルシアー達からの影響が多いと思います。
長年、親しまれているヴィンテージギターは、シンプルで上品なデザインですよね。私も、品のあるデザインにしたいと、常に心がけています。

どんなモデルを製作していますか?

OMサイズのRL15、 OMを少し大きくしたRL15+、ドレッドノートとジャンボサイズの中間くらいの、大き目なフィンガースタイルギターのRL16の、3つのモデルを製作しています。

お好きな材の組み合わせは?

最近、スイス・ムーン・スプルースとココボロの組み合わせで、多くのギターを製作しています。
私自身が自分のためのギターを作るなら、サイズはRL15+で、トップはスイス・ムーン・スプルースで、バック&サイドが、スイス・ペア―かカーリー・ホワイトオークかAvodireなど、ちょっと変わった材で作ってみたいですね。

どんなブレーシングパターンを使っていますか?

トップはトラディショナルなXブレーシングに下部にモダンなラティスブレーシングを取り入れたものを使っています。
バックブレーシングはラダーブレーシングです。

接着にニカワは使っていますか?

ブレーシング、ブリッジプレート、ブリッジなどのトップのパーツの接着、バックブレーシングの接着にはニカワを使っています。
他のところはウッドグルー(木工接着剤)やエポクシーを使い分けています。

構造上特に変わったことをしていますか?

構造上ほかのルシアーを違うことをいくつかしています。
まずサイドにはダブル・レイヤーよりもさらに強固で安定性のあるトリプルレイヤーを用いています。
3層ですと2層のものよりもより強固で形も保たれやすいのです。
それから私はユニークなネックブロックを使っています。このネックブロックはボディーをより強く補強してくれ、特にボディー上部をより補強してくれるためボディーがねじれたり浮き沈みするのを防ぎます。またクラシックギターのネックブロックのようにバックもより補強してくれます。
ライニングには切れ目のないソリッド・ライニングを使っています。これによりサイドがより強固になります。サイドのふちを強固にすればトップの振動をよりよくして、パワフルなサウンドが得られます。それからギターをより丈夫なものにします。

ロゼッタやヘッドなどのデザインが美しいですがどんなところからアイディアやインスピレーションを受けているのですか?

ヘッドのロゴは滝の流れるような水からインスピレーションを受けたものです。
ロゼッタのデザインはいつもチャレンジングで常に進化しています。ロゼッタのデザインは他にはないユニークなものにするように、常に新しいデザインにチャレンジしています。いつも妻が同じロゼッタを使っちゃたダメだと言っているので、彼女をハッピーにするために頑張って次々と新しいデザインを考えています(笑)。

どんなサウンドのギターを目指しているのですか?

パワフルで豊かなサウンドだけどもプレーヤーの耳に優しいサウンドを目指しています。
バランスの良いサウンドもとても重要なポイントです。強すぎる低音や明るすぎる高音は必要ありません。
全ての音が重要であり、全ての音がバランスよく美しく奏でられるサウンドを作り出したいのです。

あなたのギターをプレーしているミュージシャンは?

Sam Pacetti(サム・ペーセッティ)がRL16(下に関連動画)、Dan Bankhurst(ダン・バンクハースト)がRL15をプレーしています。

Movies


サム・ペーセッティの動画 ラッツスプルーストップ、ココボロサイドバックのRL16を演奏しています。

Instruments

RL15 RL15+ RL16
最も人気のあるOMモデルです。
美しいボディラインで、ギターを抱えた時の収まりが良く、カッタウェイやアームレストが加わると、さらに快適な演奏を楽しめます。
基本的な構造、レイアウト、ブレースなどは、RL15と同じです。
RL15モデルの進化させたモデルで、箱がわずかに大きく設計され、音量の豊かさを加えています。
フィンガースタイルのプレーヤーを念頭に作られた、16インチのスモールジャンボモデルです。
16インチの大きさを感じさせない美しいデザインで、RL15と同じ9 1/4インチのくびれは、座ってプレイする場合も快適です。
Specifications
Lower Bout: 15 1/8"
Upper Bout: 11 1/4"
Waist: 9 1/4"
Body length: 19 3/8"
Body depth at end block: 4 1/2"
Body depth at neck: 3 7/8"
Scale lengths: 25.25”
Specifications
Lower Bout: 15 1/2"
Upper Bout: 11 1/4"
Waist: 9 1/4"
Body length: 19 3/4"
Body depth at end block: 4 5/8"
Body depth at neck: 3 7/8"
Scale length: 25.25"
Specifications
Lower Bout: 16"
Upper Bout: 11 1/2"
Waist: 9 1/4"
Body length: 20"
Body depth at end block: 4 3/4"
Body depth at neck: 3 7/8"
Scale length: 25.5"
基本スペック オプション
Top : Sitka Spruce, Engleman Spruce, or Western Red Cedar
Side&Back : East Indian Rosewood, Curly Maple, or Honduran Mahogany
Neck:Honduran Mahogany
Finger board:Macassar Ebony
Bridge:Macassar Ebony, Indian Rosewood
Bridge Pins:Bone
nut & saddle: Bone
Rosett:Custom
Binding:Cocobolo Rosewood, Wenge, Bubinga, Macassar Ebony, Burl Walnut, and more
End graft:Custom
Scale Length: 25.25"
Nut Width: 1 3/4”
String spacing at saddle: 2 1/4"
Frets:Gold EVO
Side Dots:Turquoise with Brass ring
Tuners: Gotoh 510 tuners (21:1 gear ratio)
Case:Custom fit Ameritage
ー Soundboard ー
• German Spruce
• Swiss moon Spruce
• Adirondack Spruce
• Lutz Spruce
• Others available upon request

ー Back and Sides ー
• Cocobolo Rosewood
• Highly figured Koa
• Macassar Ebony
• Honduran Rosewood
• Nicaraguan Rosewood
• Wenge
• Ancient Kauri
• West Indian Satinwood
• Highly figured white Oak
• Others available upon request

ー Other Options ー
• Side sound port
• Florentine cutaway
• Armrest bevel
• Manzar wedge
• Fan fret
• Hoffee flight case

Photos

   

Archive List

 (当店で過去に販売したものです。オーダーされる場合のサンプルとしてお役立てください)
ブランドモデル年式TopSide & BackNo.
Ryan GerberRL152017Swiss Moon SpruceCocobolo171117

販売中の商品はこちら

 (このページに戻る場合はブラウザの『戻る』ボタンをクリックして下さい)