VIEW COUNT 501

Martin D-35 (1973)

¥250,000. (税込¥270,000.)

CONDITION:
EX+
TOP:
Sitka Spruce
SIDE   BACK:
Indian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
42.8mm
BRACING:
Original X-Bracing
PICKGUARD:
Black
SCALE:
645mm
BINDING:
White
TUNER:
GROVER
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-5283-7240
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

1973年製のD-35!音が良く、演奏性の良い個体です!
TOPはスプルース。経年変化で焼けたルックスになっており、無数の塗装のウェザーチェックがとても良い雰囲気に出ています。
S/Bはインディアンローズウッド。ご存知の通りバックは3ピースになっており、明るい色のローズウッドが使われています。
綺麗なローズウッドの付き板のヘッドにデカールロゴ。
チューナーは近年のグローバーに交換されており、ミルクボトルタイプの物が付いています。
指板、ブリッジはエボニー。指板にはドットのポジションマークが入り、白いバインディングが巻かれています。
全体的に良く経年変化の雰囲気が出ている個体で、とてもヴィンテージギターらしいルックスになっています。
チューナー、ナット、フレット、サドル、ブリッジピン、エンドピン、ピックガードは交換されています。
当店にてナット、フレット、サドル交換して調整済みですので、演奏性は抜群です。
ネックヒールにストラップピンが付けられており、ボディエンドの穴は広げられていますので、ピックアップを付けて使うギターとしても良いと思います。
全体的に傷や塗装のウェザーチェックはありますが、致命的な目立つダメージはありません。
ローズウッドらしい力強さの中にも35らしい広がりのあるサウンドで、新品の個体とは違うとても抜けの良い音に仕上がっています。
D-28よりは柔らかで包み込まれるようなサウンドですので、昔から歌物のバックで使うギターとして人気があります。
ストローク、フィンガー問わずに使えるギターで、このようなギターは1本持っておきたいと思わせるようなとてもベーシックなギターです。
オリジナルパーツに拘っていなければ音はとても良い1本だと思います。
70年代のギターをお探しの方は是非店頭でお試しください。