VIEW COUNT 1509

NISHIHARA GUITARS RN00 (2017)

¥550,000. (税込¥594,000.)

CONDITION:
NEW
TOP:
Figured Honduras Mahogany
SIDE   BACK:
Figured Honduras Mahogany
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
44.5mm
BRACING:
Original X-Bracing
PICKGUARD:
SCALE:
628mm
BINDING:
Ebony
TUNER:
GOTOH 510
CASE:
Original Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-5283-7240
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

NISHIHARA GUITARS RN00!! TOKYOハンドクラフトギターフェス2017の出展作品。
ルシアーの西原悠紀さんは、1984年生まれ。
京都の京丹波町にある、古民家を改装した、とても雰囲気のある工房で製作されています。
このギターの製作は、西原さんのインスタグラムの写真の中に、00タイプの新しいシェイプのモデルがあるのを見つけたのがきっかけで、写真のモデルはノンカッタウェイでしたが、丸く美しいラウンドカッタウェイのモデルを作ろうという相談から始まりました。
材は、ローズ系やフィギャードのハワイアンコアなど色々と選択肢があるので、迷ってしまいますが、そういう時は、この質問です。
「西原さんが、今、何か作りたいものはないですか?」
と聞いたところ、
「オールマホガニーとか、オールコアとかオールがやりたいんですよね。オススメのフィギャードの素晴らしいマホガニーがあります!!」
というわけで、ブルージー特注のカスタムとして製作されました。
完成時期もちょうど錦糸町に近かったので、TOKYOハンドクラフトギターフェス2017の出展作品として、会場でご覧になられた方も多いかと思います。

(スペック)
トップ、サイドバックは、フィギャードのホンジュラスマホガニー。
細かいフレイム杢で、明るいところと暗いところと細かくグラデーションが並んでいます。
バイオリンの裏板のような派手なフィギャードが出ているので、フィドルバックマホガニーと呼ばれるそうです。
ロゼッタも西原さんらしい仕上がりで、ウッドラインの中央にソリッドのピンクアバロンのリングが輝きます。細かいピースを並べた、ソリッドのインレイで、角度によってピンクが綺麗に出たり、落ち着いた表情だったり変化があります。照明を受けると奥のシルバーが、とても明るく光って、細く上品なインレイが、とても印象的です。サウンドホール内側もブックマッチにしたマッカーサーエボニーのバインディングが施され、黒とブラウンが波紋のように並んでいます。
オリジナルデザインのブリッジには、真っ黒いエボニーが使われています。エボニーのボディバインディングで黒く締まりがあり、雰囲気抜群です。
ネックは、薄めのUシェイプ。ネック材もワンピースのホンジュラスマホガニーです。ネック裏がサテン仕上げなので、引っかかりが無く、サラサラと弾きやすいです。
指板は黒くしっとりとしたエボニーで、サイドのポジションマークはマザーオブパールのドットです。
個性的なヘッド形状も、立体に面取りされ美しいです。ヘッドプレート表は黒いエボニー。
今回はヘッドロゴを入れてくれるようにオーダーをしました。ブラックマザーオブパールの明るいところを使ったロゴは、黒いヘッドにキリッと輝きます。ドットのインレイはエメラルドグリーンのアバロンで、雰囲気よく仕上がりました。
ヘッド裏は、美しいフィギャードのハワイアンコア。ボディの派手な杢とマッチして、非常に存在感のあるヘッド裏です。
ペグは、世界のゴトー。510で、ギア比が1:21のなめらかな使い心地。ペグボタンは素材が水牛です。つまみが大きく、厚みも絶妙で押さえやすく、回し心地がとても快適です。
(サウンド)
プレーン弦のクリスタルな響き、ローから中域までバランスよく、艶のある響きです。
とてもフィレッシュでクリアな倍音感。弾いていて、弦へのアタックの後、ボディの残響のわっと出てくる感じが個性的に感じます。
ストロークのキレと、クリスタルで明るい音像のバランス感も爽快です。フィンガーでも甘みが豊かで、音の粒立ちが気持よいです。
素敵なギターが完成しました。ぜひお試しください。ブルージーカスタムの、強力おすすめ品です!!