VIEW COUNT 2335

Martin D-18 (1958)

¥680,000. (税込¥734,400.)

CONDITION:
VG+++
TOP:
Spruce
SIDE   BACK:
Mahogany
FINGER BOARD:
Brazilian Rosewood
BRIDGE:
Brazilian Rosewood
NUT WIDTH:
42.6mm
BRACING:
Non Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
Original
SCALE:
645mm
BINDING:
Tortoise
TUNER:
GOTOH
CASE:
Hard Case
NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-5283-7240
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

1958年製D-18!!
少し角ばったピックガードが特徴的。 低音がドシッと出て、各弦ともに艶のある太いトーン。抜群の鳴りです!!
(スペック)
トップは香ばしく焼けたスプルース。色味が黄色く、非常に目の詰まった美しいスプルースが使われています。
非常に細かいウェザーチェックが入っていて、かなり弾き込まれ、よく振動したするどい反応が感じられます。
サイドバック&ネックは密度の濃い美しいホンジュラスマホガニー。
ヘッドプレート、指板&ブリッジは色の黒い、魅力的な杢目のハカランダが使われています。
ヒールキャップもハカランダで、細部まで見所があります。
50年代のスマートなヘッド形状に黄金のマーチンロゴも雰囲気抜群。
ウェザーチェックが横に走って、時代を経た貫禄のあるルックスです。
赤くダークな色合いのべっ甲柄ピックガードも50年代後半の角張った形で味わい深いです。
(状態)
トップはオーバーコートがありますが、細かなウェザーチェックが走り、ピックガード下のピックウェアーの入り方、渋く焼けた顔といい、ヴィンテージらしい、雰囲気のある顔です。
サイド高音弦側のヘアラインクラック補修があり、ネック裏、サイドバックはリフィニッシュされています。
塗装は薄く、リフィニッシュ後にもかなり使い込まれていて、自然な雰囲気です。
ペグ交換。ナットフレット&サドル、ブリッジピン、エンドピンは交換されています。
現状でボディ&ネックともにコンディション良好。リセット調整され演奏性抜群の安心して使えるヴィンテージです。
(サウンド)
ナット幅42.6mm。優しめのVシェイプ。硬くしまった印象の、よく手になじむ絶妙のマホガニーネックです。
ワイルドに太く気持良くなってくれます。艶のある太い鳴り方で、ストレートに前に抜けてくれる爽快さも兼ね備えています。
何より長年にわたって弾き込まれた、枯れた楽器の魅力が強烈で、同じ時代の個体の中でも、満足度の高い素晴らしいヴィンテージだと思います。
ソフトなタッチでも、サスティーン豊かな澄んだ鳴り方。弾けば弾くほどに、どんどん反応して、どこまでも対応してくれる、懐の深さ。
演者の気持をぐっと盛り上げてくれます。良い時代のMARTINの良質なヴィンテージマホガニーギターの魅力を、堪能出来る、おすすめの一本!!
ぜひ御試し下さい!!!! お早めに!!