VIEW COUNT 710

Martin 1-40 (1917)

SOLDOUT

CONDITION:
NM
TOP:
Adirondack Spruce
SIDE   BACK:
Brazilian Rosewood
FINGER BOARD:
Ebony
BRIDGE:
Ebony
NUT WIDTH:
47.1mm
BRACING:
Scalloped X-Bracing
PICKGUARD:
SCALE:
630mm
BINDING:
Ivory
TUNER:
Original Waverly
CASE:
Hard Case
NO VIDEO NO VIDEO

≪ 購入・お問い合わせ ≫
BLUE-G
ブルージーコーポレーション
03-5283-7240
blue-g@blue-g.com
営業時間(月曜定休)
平日 11:00~20:00
日祝 11:00~19:00

NO VIDEO

Martin 1-40 1917年製!!
歴史的に価値があり、素晴らしいコンディションのヴィンテージギターが入荷しました!
この1-40というモデルは3本しか存在せず、正にコレクターズアイテムに相応しい大変貴重なギターです。
1874年に1本、詳細は不明ですが、同じ1800年代にもう1本、それと本機の1917年に1本の合計3本しか製作されていないことが分かっています。
1860年頃に製作が始まったStyle-40ですが、製作本数が少なく、どの大きさのモデルもあまり見る機会がありません。
TOPはアディロンダックスプルース。とにかく杢目が細かく、整っている美しい材です。
一目見るだけで、現代のアディロンダックスプルースとは少し質が違うことがお分り頂けると思います。
S/Bは極上のブラジリアンローズウッド。とにかく美しい柾目の材で、色も含めてこれ以上ない最高の材です。
バック材のセンターの寄木細工に沿って流れるこの独特な杢目に惹かれる方は多いことでしょう。
当時、手作業で作られていた四角い穴のスロテッドヘッド。やはり手作業で作られた物の外観はどこか暖かい温もりがあります。
ヘッドプレートは柾目の美しいブラジリアンローズウッド。この年代は表にロゴがなく、裏にバックスタンプがあります。
チューナーはオリジナルのウェーバリー製。綺麗なインレイのつまみはHandel製の物で、全てオリジナルです。
このスタイルのチューナーは当時の豪華なモデルによく使われていました。
指板、ブリッジはエボニー。指板には5,7,9,12,15Fにスノーフレークのインレイが施されています。
このインレイも全て手作業なので、一つ一つ味わい深い外観になっています。
指板にはバインディングが入っており、この白い美しいバインディングは象牙で出来ています。
ブリッジはオリジナルのピラミッドブリッジ。この年代のブリッジが割れずに残っているのはとても貴重だと思います。
現在の物とは違う形の頭の平らなブリッジピンはこの年代の特徴で、こちらもオリジナルがしっかりと残っています。
アバロン貝の入ったロゼッタに同じくボディ周りの美しいアバロン貝のトリム。
このアバロン貝の装飾がこの個体の大きな特徴で、よく見るとアバロン貝のピースが綺麗に揃えられており、まるで孔雀の羽のような模様になっています。
今までこのように模様を揃えて施されているインレイは見たことがありませんので、当時の職人の美意識が十二分に伝わってきます。
ボディのバインディングも美しい象牙で出来ており、アイボロイドバインディングにはない艶があり、どこか気品漂うルックスになっています。
ボディバックのセンターストリップの寄木細工もとても細かく美しく、現代のギターとは雰囲気が全く違います。
チューナー、フレット、ブリッジ、ブリッジピンはオリジナルです。ナット、サドル、エンドピンは交換されています。
塗装はシェラックで、全て当時のオリジナルフィニッシュです。ブリッジ下に傷を消す為か、塗装が僅かに研磨されている箇所がありますが、タッチアップではありません。
本当に小さな小傷やサウンドホール周りに弾き傷が若干ありますが、100年前のギターとは思えない素晴らしいコンディションです。
ナット幅47.1mm。薄いVシェイプのネックで、ネックはスパニッシュシダーではなく、マホガニーの仕様です。
ナイロン弦、コンパウンド弦どちらも使えますので、その時によって各音色を楽しむことも可能です。
小さいサイズのギターですが、この年代の物はとにかく音の密度が高く、スパーンと音抜けが良いのが特徴です。
この年代なので、音の印象はまだまだナイロン弦の名残りがありますが、それでも少しずつ現代のアコースティックギターに共通するトーンを作り上げているのが感じ取れます。
ナイロン弦を張るとやはり甘いサウンドですが、このStyle-40は音にキレや芯がしっかりあると思います。
コンパウンド弦だと倍音感が一気に出てきて、マーチンの40番代らしい少し華やかなサウンドになります。
音に濁りが一切なく、どこまでも透明で美しい余韻を楽しめる貴重なギターです。
今から101年前のギターですが、コンディション、サウンド共に抜群の1本で、スモールサイズとしては最高のヴィンテージギターです。
この他の2本の1800年代の1-40はナイロン弦しか張れませんので、1-40で鉄弦を張って使えるのは世界でこの1本だけだと思います。
とにかく貴重なギターです。気になる方はお早めにご連絡ください。